ストラッシュの基本情報とは?支払い方法や魅力、解約方法のまとめ

2015年創業のストラッシュは、高品質と低価格に重きを置いた脱毛サロンです。
比較的新しい脱毛サロンなので初めて耳にする脱毛サロンかもしれませんが、他の脱毛サロンと比較しても確かな魅力を持っているので、脱毛を検討されている方は一度特徴について確かめておきましょう。

ストラッシュと理念

低価格化が進む脱毛界隈では、同時にサービス品質の低下も見られるようになっています。
そんな状況の中ストラッシュは、一人一人の利用者が気持ちよく脱毛サロンを利用できるよう細かい部分まで配慮しており、それが高品質なサービスを保つ秘訣となっています。

SHR脱毛

脱毛サロンはそれぞれ独自のマシンを導入していますが、ストラッシュではSHR脱毛と呼ばれる方法を採用しています。

ただ毛根に与えるだけでなく、毛を育てる器官にダメージを与えることで脱毛を促すため、一時的な脱毛ではなく今後も脱毛効果が持続することが期待できます。

また、この最新機器は施術時間もかからず、日焼け肌でも対応できる万能な脱毛方法です。
もしマシンで脱毛サロンを選ぶとするなら、SHR脱毛を採用しているストラッシュは高確率で選択肢に入ってくる脱毛サロンでしょう。

乗り換えキャンペーン

ストラッシュでは、他脱毛サロンからの乗り換えに対して独自のキャンペーンを実施しています。
リベンジ割というこのキャンペーンは、回数パックプランをよりお得に利用できるプランであり、回数次第では数万円の節約を見込むことができます。

月額分割払いでは初月無料となるなど、非常にお得なキャンペーンであることは間違いありません。
今の脱毛サロンに不満を抱いている方は、このリベンジ割を上手に用いて施術を受けてみるのも面白いでしょう。

ストラッシュと支払い方法

ストラッシュでは基本となる現金払いとクレジットカード払いの他、ローン払いから支払いを行えます。

ただし、ローン払いを希望する場合は審査に通過しなければならないため、必ずしも分割払いを選べるとは限りません。
学生でも審査に通る可能性は十分にあるので、不安のある方は一度問い合わせてみると良いでしょう。

ストラッシュと解約・返金対応

ストラッシュは8日以前の解約ならクーリングオフが適用されますが、それ以降での解約では印鑑や身分証明証持参の解約手続きが必要になります。
返金も問題なくされますが、注意点として無制限プランの場合は返金が行われない可能性があります。

無制限プランは具体的に回数が決められているわけではないので、施術回数が6回を超えると返金対象外となります。

ストラッシュと対応部位

ストラッシュが対応している部位はおでこから足指にかけてとなります。VIOラインも含まれているので、正しく全身を脱毛してもらえることになります。

また、最新の機器を導入していることからもわかるように、施術時に伴う痛みにはかなり配慮しているのがストラッシュの特徴でもあります。
デリケートな箇所はそれだけ痛みも強くなりがちですし、その痛みを和らげる意味でもSHR脱毛を導入しているメリットは大きいのです。

部分脱毛を行う場合は、SパーツとLパーツとに分かれています。
Lパーツは施術部位の中でも範囲が広いパーツのことで、背中や太ももがこれに当たります。
Sパーツ2回分でLパーツ1回分となっているので、混同しないよう注意しましょう。

ストラッシュの魅力と懸念点

魅力も多いストラッシュですが、反面デメリットもあります。両方抑えてから脱毛サロンに通いましょう。

ストラッシュの魅力とは

第一に、SHR脱毛による肌トラブルへの配慮が挙げられます。脱毛の痛みは個人差が大きく、人によっては激しい痛みを感じてとても脱毛どころではありませんが、SHRならその可能性を極力下げることが可能です。

そのため、他の脱毛サロンで強い痛みに悩まされてきた方も、このストラッシュなら問題なく施術を終えられる可能性があるのです。

また、高品質へこだわるだけに、サロン内をとても清潔に保っています。全体的な清潔感はもちろん、タオルなど小物類の衛生面も高レベルで保たれているのです。

ストラッシュとデメリット

多少部位脱毛が高めであることと、まだ新しい脱毛サロンのため店舗数は大手脱毛サロンと比較して多少劣ります。
地方在住の方は来院するには少々遠く感じるかもしれませんし、店舗検索を事前に済ませておきましょう。

ハイレベルな脱毛サロン

料金が下がるほどサービスの質も低下しやすいものですが、ストラッシュは低価格料金と高品質なサービスを実現しているハイレベルな脱毛サロンといえます。
大手脱毛サロン以外にも目を向けたい方にとってはうってつけの脱毛サロンと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする