中性脂肪の数値改善を目指すなら睡眠不足の解消が重要

ウエスト周りが逞しくなってきたのを見て、これって中年太りかなと自覚はしていても、まあ別に身体に不調はないし大丈夫かな、なんて油断してたら、健康診断でビックリするような中性脂肪の数値が出てこれはいけないって思うパターン、珍しくないよね。

知らないうちに不調が進行するのって一番怖いんだよ。だからこそ、気がついた瞬間からの対策がとても大切なわけ。

でも、中性脂肪値を下げるのはそんなに難しいことじゃないから安心して。
生活習慣を振り返ってみてこれはいけないなって原因がわかったら、それを改善すればいいだけだもの。

そこでだけど「食べすぎ」と「運動不足」の2つを思いつく人は多くても、それにプラスして「睡眠不足」を意識する人は少なくないんじゃないかな。中性脂肪と睡眠不足ってどんな関係があるのかピンと来ないかもしれないけれど、実はしっかり睡眠を取ることってとても大切なんだよ。

まず、生活習慣が乱れると中性脂肪が高くなる傾向にあって、特に睡眠が足りていないとストレスが上手く解消されなかったり、疲れが溜まってつい甘いものに手が伸びたり、暴食の原因になりがちなわけ。

あとは、何となく調子が出ないと、お酒やタバコの量を増やして不調を誤魔化そうとするし、寝不足でだるいと運動をしようという気も起きないよね。

つまり、食べすぎも運動不足も、睡眠不足が要因になっているケースがとても多いの。

だから、中性脂肪の数値を下げたい場合には、まずは生活習慣を規則正しいものにすることが基本中の基本。たっぷり寝た後の朝って、身体も軽いし気分もスッキリするでしょ。

ご飯も美味しいけれど積極的に動こうっていう気持ちになるし、1日動いた後にしっかりと眠ることができれば、自律神経を整えて成長ホルモンもたっぷり分泌されるようになる。
日中に摂取した脂肪を分解する働きを促進させられるから、実はよく眠ることってメリットだらけなんだよ。

食生活を見直したり、運動不足を解消するのはもちろん、夜更かしせずにしっかりと眠る生活習慣を積極的に意識していこうね。

ちゃんと眠れば、中性脂肪の数値を下げるだけではなく、肌の調子や髪の毛の調子、心の調子もよくなっていくよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする