中性脂肪の治し方を知ろう

運動不足や偏った食事など、現代は中性脂肪値を高めやすい要因が揃っています。あまりにも中性脂肪値が高まると、時に命に関わる症状に陥りかねません。

そこで、どうしたら中性脂肪の上昇を治せるのかを見ていきましょう。

お酒が大好きな方はどんな食事を肴にアルコールを楽しんでいるでしょうか。お酒だけならともかく、肴は何かと油っこいものやツマミになるような濃い食品を多く選んでしまいがちです。

お酒を飲むと判断能力も鈍ってしまいますし、ついお酒とおつまみを楽しみすぎてしまう方はお酒の量を減らしてみましょう。特に晩酌の多い方におすすめの対策です。

また、中性脂肪値を抑えるには日本食が良いとされています。中性脂肪値を高める食事は基本的にハンバーガーや油ものなど、欧米の食事が主に占めています。

美味しいのは分かりますが、そこはグッと我慢して日本食を楽しんでみましょう。
何より良いのは、日本食では青魚を食べる機会に恵まれていることです。青魚に含まれているDHAとEPAは、中性脂肪値を下げるにあたって大きな役割を果たします。

ただし、日本食を食べるにしても白米の食べ過ぎはNGです。雑穀米や玄米のように白米の割合を減らすことで、中性脂肪値を必要以上に高めないよう注意してくださいね。

せっかくの日本食中心な生活、ご飯の食べ過ぎで中性脂肪値を高めてはもったいないのです。

運動も中性脂肪値を抑える方法として効果的。デスクワーク中心で運動の機会に恵まれない方にこそ試して欲しい方法です。
しかし、分かってはいてもなかなか続かないのが運動の厄介なところ。
焦らずゆっくりでもよいので、まずは生活にウォーキングなど軽い運動を根付かせるところから始めてくださいね。

最後に、サプリメントの摂取も効果的です。

日本食を取るとはいえ、毎日その通りにいくとは限りませんよね。

そんな時栄養をカバーできるサプリメントがあれば、それだけで一気に楽になります。ぜひ一つは常備しておいて、毎日サプリメントを摂り続けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする